読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11/20

昨日は学校に行く必要がなくなって、早めの時間に彼と待ち合わせた。

今日の予定は、映画(のんちゃんが声の、戦争のアニメのやつ)、と、二丁目にあるおいしいと噂のカレー屋さん

まず、この日は雨降りだったので、出鼻をくじかれる。

見ようとしてた映画のチケットを買いに映画館に行ったら、当日分は夜まですべて、売り切れてた。

けっこう落ち込んで、それを見かねてか、彼が、美術館とか遊園地を提案してくれて、とりあえずカレー食べて考えよってなった。

カレー屋さんに着くと、よりにもよって、臨時休業の張り紙。よりにもよって、というかんじ。

でも、彼と一緒に歩くのが嬉しかった。もう一つ行ったことのないほうのカレー屋さんに行く。辛かった。それに、私の提案した美術館は却下された。

遊園地にでも行こうかと、店を出ると、雨は降ってないもののすごく寒くて、外で遊ぶなんて気温じゃなくて、やっぱりなんでもいいから映画を観ればよかったと思った。気付いたら馬券売り場に連れてかれて、それからコーヒー屋さんでコーヒーを飲んでいた。

「おいしいケーキでも買ってさ、コーヒー淹れてさ、うちでネットフリックス見ようか」

わたしの寒がりを見てそう言ってくれて、高島屋で、高くてツヤツヤしたいちごのケーキを買ってくれた。


外を歩いてると億劫になってあったかいところでのんびりしたくなっちゃうもんだけど、家に入ると自分がなにしてるんだかよく分かんなくなって、あとで落ち込む。

この日もなにしたんだか、よく覚えてない。ネットフリックスを見なかったことと、ケーキを食べなかったことは覚えてる。

すごく幸せだった。

彼の隣で寝ても、ちゃんと睡眠出来るようになった。


ずっと一緒に居たいってこんなにも思うなんてどうかしてるし、いつか、どうかしない私になっちゃうのかなあ。