読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11/22

LINEの新しい機能で、内容を確認しないで既読がつけられるようになった

その使い方は、未読無視よりずっとメンタルに優しい。ここのところ、読んでるふりして、全然読んでない。


寝坊した。

寝坊して、なんとなくの言葉でごまかしたけど、こうやってちょっとずつ駄目な方向に振れてってる。

ハーゲンダッツを食べてすぐに寝てしまったし、起きてすぐマウントレーニアの形のドトールのカフェオレを飲んだ。


それと今日は朝方地震があった。それが、けっこう長かった。隣で寝ている彼のパーカーを強く握って、私もまた強く握られた。頭の上に置いた携帯で、時間と震源地を確認しようとしたけど、握られている状態を解きたくなかったから、なんとなくやめておいた。

あとから見たらちょうど地震の起きた頃が起きなきゃならない時間だった。

遅刻します。すみません。 とLINEグループに投稿した。


もうすこしだけここにいる。もうすこしだけ。

それを繰り返して、時間の前借りがどんどん膨れてって、取り返しがつかなくなってきた。

友だちといると、私だけまだ未熟のような気持ちになる。




11/20

昨日は学校に行く必要がなくなって、早めの時間に彼と待ち合わせた。

今日の予定は、映画(のんちゃんが声の、戦争のアニメのやつ)、と、二丁目にあるおいしいと噂のカレー屋さん

まず、この日は雨降りだったので、出鼻をくじかれる。

見ようとしてた映画のチケットを買いに映画館に行ったら、当日分は夜まですべて、売り切れてた。

けっこう落ち込んで、それを見かねてか、彼が、美術館とか遊園地を提案してくれて、とりあえずカレー食べて考えよってなった。

カレー屋さんに着くと、よりにもよって、臨時休業の張り紙。よりにもよって、というかんじ。

でも、彼と一緒に歩くのが嬉しかった。もう一つ行ったことのないほうのカレー屋さんに行く。辛かった。それに、私の提案した美術館は却下された。

遊園地にでも行こうかと、店を出ると、雨は降ってないもののすごく寒くて、外で遊ぶなんて気温じゃなくて、やっぱりなんでもいいから映画を観ればよかったと思った。気付いたら馬券売り場に連れてかれて、それからコーヒー屋さんでコーヒーを飲んでいた。

「おいしいケーキでも買ってさ、コーヒー淹れてさ、うちでネットフリックス見ようか」

わたしの寒がりを見てそう言ってくれて、高島屋で、高くてツヤツヤしたいちごのケーキを買ってくれた。


外を歩いてると億劫になってあったかいところでのんびりしたくなっちゃうもんだけど、家に入ると自分がなにしてるんだかよく分かんなくなって、あとで落ち込む。

この日もなにしたんだか、よく覚えてない。ネットフリックスを見なかったことと、ケーキを食べなかったことは覚えてる。

すごく幸せだった。

彼の隣で寝ても、ちゃんと睡眠出来るようになった。


ずっと一緒に居たいってこんなにも思うなんてどうかしてるし、いつか、どうかしない私になっちゃうのかなあ。

日記

f:id:yawarakalemon:20161102115621p:plain


お風呂から出たら着信が来ていて、どうしたんだろう?って思った。もしかしたらライン通話の方も来てるのかなって思って開いたら来てなくて、代わりにこんなラインが来てて、突然涙が出ちゃった。

電話しちゃってごめんなさい  って思ったらしい。


この前も突然泣いてしまった。その時は一緒にいた時で、彼の部屋にいた時だ。

いつも心の距離を一定に保ってる。だけどその時、彼の心が一瞬離れていってしまった感覚になって、泣いちゃった。顔を隠したけど見られてしまった。

ブレークアンドビルド

もう全部嫌になってしまったから、毎日飲み続けてた低用量ピルを見て、こんなものに自分のためにひと月3千円も出してるんだなって思って、すごく悲しくなった。

Suicaで買ったミルクコーヒーで飲んだ。



寝て、起きて外に出たら、大丈夫に戻るかな。

かわいい洋服にお金を出すこともしたいって思ったり、

就職をして毎日会社に行きたいって思ったり、

できるようになるかな。



創作活動を少なくともあと1年はしなくちゃいけないって考えたら気が滅入る。

この前の課題で、なにか作ることはしばらく考えたくないなって思っちゃった。




そんなことより正解を教えてほしい。

今わたしがどうしたら一番幸せかどうかの正解ってある。

将棋アプリだって最善の一手を教えてくれるらしい。



日記

朝焼けが赤すぎて、夕暮れかと思った。昨日の夕焼けに似てた。その時の電話を思い出した。「壮大だ」って言った気がする。遠くまで見えたから。


それですぐ、夕暮れと違うって思った。真っ白の街灯が目立つこと、コンビニの光が強すぎること、静かなこと。小走りで駅までの道を過ぎるけどそこには私とタクシーしかいなくて、タクシーは私を待ってた。申し訳ないながらも通り過ぎて、都営線の改札も抜けて、いつもみたいにホームにある鏡を見た。

朝から化粧がちょっと濃いけど、ちゃんとしてる。足音が目立つすごくかわいい革靴も、ちゃんとしてる。